オイカワ(シラハエ)

私が子供の頃、近くに高梁川という結構大きな川がありまして、そこでシラハエをよく釣りました。赤土にサナギを混ぜて団子を作り、それを“寄せ”(撒き餌)にして餌は“うどん”です。うどんだけではおいしくないのでサナギ粉をまぶし、更に赤の色粉をまぶして一丁上がりです。そりゃあもう釣れましたよ、ほんとに。それをフライにして食べるとこれがまた最高!(こらー!飼育のコーナーだぞ)

それとか、瀬釣りもよくやりました。瀬に入って行き、石をはぐると緑色の瀬虫がいますのでそれを餌にして瀬にいるシラハエを釣るんですが、これはテグスを常にぴんと張っていますのでアタリが強くて最高に面白かったですねえ。それと、カガシラもやりました。これは昆虫(蝿など)に似せた擬似餌を5、6個つけて流れのあるところに流してやるんですが、日が沈む頃よく釣れたのを憶えています。

オイカワは超ど派手な婚姻色で有名です。子供の頃はそれをモツといって区別していましたが、本当はカワムツ(ハエ)のことをモツというんですね。このカワムツも派手な婚姻色で有名です。

飼育水は幅広く対応しますがどちらかというと弱アルカリの方が元気がいいようです。餌はテトラミンとか、クリルを小さく砕いたやつとかをやっていますが、小さい昆虫もよく食べます。まあとにかくなんでもよく食べます。水槽に近づくとそばに寄ってきて餌をねだるようにおおはしゃぎです。

産卵行動なのかなあ

ウグイ

オイカワよりもかなり大きくなります。雑食性らしいのですがテトラミンやクリルを砕いたものとか、とにかく何でも(ついでに小魚までも)よく食べます。性格は非常に臆病なようで、ちょっとのことに驚いて強烈ジャンプをやったり、怖がって隠れてしまったりの神経質くんのようです。

水質は幅広いようですが、どちらかと言うと弱アルカリの方が元気もりもりです。

Tohmin HOME